塾講師のタブー発言

自分の担当する生徒に勉強を教えるのが、塾講師の主たる仕事内容です。 したがって、塾講師の発言は、担当生徒に対してそれなりの影響力を持ちます。 塾講師の仕事をする際には、そのあたりの事情を踏まえ、タブー発言をしないよう気をつける必要があります。 できない勉強ができるようになるために塾へ通っている訳ですから、生徒に解らないところがあるのは当然です。 したがって、塾講師としては、勉強のできない生徒を頭ごなしに叱らず、やる気や希望を引き出す方法を見つけ出し、実践することが大切になります。

次に、担当する教科によって、塾講師のタブー発言にも違いがあります。 例えば、社会科の授業では、政治や宗教に関する指導内容があります。 そのような場面で、個人の主観による意見をまじえ、特定の政治・宗教団体を批判すると、明らかなタブー発言となってしまいます。 また、塾講師が、塾以外で生徒・保護者と接触する行為は禁じられています。 例えば、生徒・保護者から謝礼として金品を受け取る行為は禁止されています。

そして、他の塾を悪く言うと、担当生徒の身内、知り合いにその塾へ通っている生徒がいた場合、問題になるので、注意する必要があります。 このサイトでは、塾講師にとって、口にしてはいけない言葉やタブーとされている行為について、詳しく解説してまいります。 塾講師の仕事をする上で、失敗するリスクを減らそうと考えるのであれば、是非チェックしてみて下さい。

生徒への発言の影響力

詳しくみる…

禁止されている行為

詳しくみる…