生徒への発言の影響力

塾講師は、担当する生徒に対して、学習指導を行なうのが主な仕事内容となります。 そうした意味合いからすると、塾講師の発言は、担当の生徒に対して多大な影響力を持っていると言えます。 塾講師の仕事へ取り組むにあたっては、そのあたりの事情を踏まえた上で、タブーとなる発言をしてしまわないよう、注意する必要があります。 生徒は、できない勉強ができるようになりたくて、塾へ通って来ています。

塾講師には、そのような願いを持つ生徒の信頼できるサポート役として、一緒に頑張って目標を達成しようという気持ちが求められます。 そのような態度で生徒と接するためには、言葉使いや話す内容にもそれなりの気を配る必要があります。 特に、生徒との間にある程度の信頼関係ができて来ると、言葉使いが乱れがちになるので、注意する必要があります。

また、塾講師には、タブーとなる発言内容も存在します。 例えば、生徒を侮辱したり、相手のやる気を無くさせたりする言葉を発してはいけません。 どれほど成績が悪くても、頭ごなしに叱りつけるのではなく、どのようにすれば生徒がやる気や希望を持つことができるのかを考え、 実際の行動に移すことが大切なファクターとなります。

生徒への発言の影響力

詳しくみる…

禁止されている行為

詳しくみる…